泣ける 猫の恩返し【涙腺崩壊】実話 たんたん、ありがとう

2002年7月、たんたん推定ニカ月、右はタンタンより1か月くらいまえにうちにきた猫太郎。とても捨てられていたのを保護した。いっぱいたべておおきくなるんだよ。たんたんと猫太郎はいつも一緒にで本当に仲良し。。。

ネットの反応:

初めまして、私の黒猫の翔くんも たんたんちゃんと同じリンパ腫の癌で昨年の四月に虹の橋へ旅立ちました。黒猫の翔くんも末期でした。辛かったです。悲しかったです。亡くなる前に、最後の力を振り絞って、啼いてくれました。 たんたんちゃんのご冥福をお祈りします。

動物が病気で亡くなるのは辛いですね。たんたん、幸せだったと思います。



fbでシェア
lineでシェア

気に入ったら、いいねにしよう

友達を追加

閉じる